前回の委員会で会派の規定について「複数(2名以上)を明記すると東京高裁の判例に反し、憲法21条の表現の自由にも抵触する」旨の委員長の見解と真逆の私の見解について、法務担当の職員を委員会に招集し意見を聞いた。

 

「東京高裁の判例は会派の規定とは無関係であり、また、会派の規定は議会の自立権で憲法21条の表現の自由には当たらない」と解説を交え遠慮しながらだが、私と同様の見解を述べた。

 

委員長の意見に同調した「よなご会議」のベテラン議員は、すかさず議事録を示しながら、「判例や憲法解釈は委員長の発言で自分は言っていない」と弁明する一幕もあったが、あまりの無節操振りに呆れて絶句した。

 

委員長発言の責任追及は別の機会とし、条文の協議に入ったが、委員長は別人の如く従順で、委員会は打って変わってスムーズに進行した。