昨年の参議院選挙で初当選した浜田和幸参議院議員が、自民党を離れ政務官に就任した。 党派を超えて復興支援に貢献したいとの事だが、一連の報道に言葉を失ってしまう。

10年以上前になるが、商工会議所青年部の現役時代に、講師として招いた縁もあり、周りの人にも浜田氏への支援をお願いし、選挙の際には選挙カーにも同乗し、微力ながら応援もさせて頂いた。

これから、我々の支援に応えて、鳥取県の為に頑張ってくれると信じていた人が大半であり、唖然とするばかりだが、今後、怒りの矛先は本人に止まらず、広く関係者にも広がる事になるだろう。

自民党鳥取県連にとっては、川上氏から数えて3代目となる離党騒ぎで、田村氏に続き、二度あることは三度あるを実践してしまった。 

この様な時、本人の責任は言うまでもないが、取り巻く人や組織の責任も厳しく問われる事になる。 世の中には非常識な言動や常軌を逸した行動も珍しくないのだから。

この様な観点から言えば、浜田氏の応援をお願いした私にも責任はあるし、この度のドタバタを語るとき、謝罪から始まるのが筋だと思っているのだが、報道で見る自民党県連の怒りのコメントに、支援者に対する謝罪の姿勢が足りないのではと感じてしまう。