2017-09-23-12-52-1623日、境港に初寄港した「ノルウェージャン・ジョイ」の歓迎セレモニーに参加した。

「ノルウェージャン・ジョイ」は米国の船会社が運航しており、天津~北九州~境港~上海の5泊6日のクルーズで寄港した。

舩は中国人用にカスタマイズされており、コンピューター制御の最新鋭機器を搭載している。












2017-09-23-10-50-5915階の会場で開催された歓迎セレモニーでは、安来節保存会による安来節が披露され、四代目家元、渡部お糸さんの歌に合わせ「どじょうすくい」が踊られた。








2017-09-23-11-14-04安来節の後、平井知事、藤原島根県副知事、キャプテンが挨拶をし、出席者から歓迎の記念品や花束がクルーキャプテンに贈呈された。









2017-09-23-11-54-11セレモニーの終了後、船内を見学した。

最上階に張り出したデッキ室から下を見た写真だが、岸壁に船を接岸する際、コントローラーを使って微調整が出来るとのことであった。
















2017-09-23-12-08-40操舵室は船の全幅を使う広いスペースだったが、コックピットは飛行機より広い程度のもので、最新鋭のコンピューターシステムの機器が並んでいた。









2017-09-23-12-07-04プレステ感覚で操縦できる機器を見て、「この程度なら私でも操縦できる」と話すと、「勿論です」とジュークを返し、キャプテンの帽子を差し出してくれた。

最後に境港の印象を聞くと、上海の様な巨大な港に比べ、「こじんまりとした佇まいで個性があり好きだ」と語ってくれた。