image25日の地方紙に、起業家を目指す人材育成を支援する動きが各地で広がっているとの報道があり、主な起業家育成拠点として、私が視察調査した神戸市を含め6カ所が紹介されていた。

この起業家支援問題は、先の2月定例会で神戸市を事例に採り上げ、鳥取県の成長戦略として取り組むべき課題と指摘したところ、神戸市も参考にしながら取り組みたいとの知事答弁があり、来る5月定例会に向けて何らかの予算化が見込まれている。

この他にも鳥取県民の稼ぐ力の向上策として、兼業・副業の推進と奨学金の部分的再設計についても提案しており、全国初の事業化に期待したい。

(3月17日投稿「2月定例会の質問原稿」参照)