2021年06月

「法蔵寺の晋山式」

IMG_351730日、寛龍山法蔵寺の晋山結成法要が挙行され、卓明和尚が第22代の住職に任命された。













IMG_3520参列して感じることは宗教儀式の荘厳さだが、変化が美徳とされる昨今で、それは変わらないものが持つ迫力だと思った。

「5月臨時議会」

IMG_348724日、5月臨時議会が開会し、ワクチン接種を含む48億円余の補正予算案を可決し閉会した。








補正予算案は全会一位で可決したのだが、何時ながら共産党議員の身勝手な質疑や討論には閉口する。議案質疑においては政治判断を求める意見を繰り返し、賛成討論においては批判意見や要望が殆どで反対討論と間違えるほどである。

離合集散を繰り返す今日の野党の中にあって、大正11年に結党された日本一の歴史を誇る政党だが、体制批判を繰り返すあまり政治の要諦でもある合意を形成することには、甚だ無関心な組織になったのではないか。

「菅総理とのリモート会議」

IMG_347422日、菅総理と自民党の各都道府県連との意見交換会が開催された。









IMG_3475斉木幹事長に続き、私は政調会長として拉致問題について意見を述べた。









IMG_3473菅総理からは、先の日米首相会談におけるバイデン大統領との協議をふまえ、拉致問題の解決に向けて、引き続き日米が連携して取り組むと決意が示された。

「常任委員会と自民党常任総務会」

IMG_346721日、10時からの常任委員会の開催の前に、議会運営委員会を開き、24日開会予定の5月臨時会の議事運営について協議した。










IMG_346810時からは各常任委員会が開催され、福祉生活病院常任委員会に出席し、コロナ対策を中心に執行部からの報告を受けた。










IMG_3466委員会終了後、自民党県連事務所で開催された常任総務会に出席し、石破会長の出席の下、6月12日の自民党県連大会の議題や運営について協議した。










早いもので今任期の半部が経過したが、この時期になると必ず持ち上がるのが役員人事に対する不平不満である。幸い自民党県連は何事も無く石破会長の続投が決まったが、県議会自民党は分裂含みの中で様々な思惑がうごめいている。

「リモート国政報告会」

IMG_33988日、米子市地区の県議や市議が集まり、衆議院議員会館の「赤沢亮正」副大臣とリモートでの国政報告会を開催した。











IMG_34189日は境公民館で「赤沢亮正」副大臣リモート国政報告会を開催し、地域でのリモート国政報告会をスタートさせた。








IMG_343511日、フジテレビのプライムニュースに「赤沢亮正」副大臣が生出演し、コロナ対策を中心に経済財政問題等、専門家との議論を交えながら、時に厳しい質問にも逃げることなく的確に答弁した。








安倍総理から菅総理と変わる中、通算通算3度目の副大臣で、この度は政権の最重要課題であるコロナ対策、経済財政問題、災害対策を預かる、まさに政権中枢の存在となり、話の端々に経験が積み上げた政治家としての力量を感じた。
プロフィール



野坂道明(のざかみちあき)
昭和32年4月9日生

議員履歴
■鳥取県議会議員(2015-)
■米子市議会議員(2006-2014)
■鳥取県西部広域行政管理組合議会(2010-2014)

学 歴
昭和45年 米子市立加茂小卒
昭和48年 米子市立第4中卒
昭和51年 烏取県立境高卒
昭和56年 帝京大学経済学部卒

経 歴
■元(財)とっとりコンベンションビューロー西部地区企画運営委員会委員長(理事)
■元(社)米子法人会青年部会副部会長
■元米子商工会議所青年部会長
■米子市消防団河崎分団員
■河崎校区自治連合会顧問
■河崎公民館運営委員会顧問
■NPO法人やまつみスポーツクラブ顧問

http://www.michiakinozaka.com
E-MAIL
 mail@michiakinozaka.com
→Facebook

ギャラリー
  • 「島根原発の再稼働を考える」
  • 「令和4年2月定例会の全員協議会」
  • 「9月定例会の一般質問」
  • 「9月定例会の一般質問」
  • 「9月定例会の一般質問」
  • 「9月定例会の一般質問」
  • 「9月定例会の一般質問」
  • 「9月定例会の一般質問」
  • 「9月定例会の一般質問」
記事検索
アーカイブ