2021年05月

「KAIKE SEACOAST PARK 2021 Ⅱ」

IMG_33775月3日、イベント開始から悪天候が続いていたが、やっとのことで晴天となり、今までのの鬱憤を晴らすようにビーチは活気付いた。











IMG_3370待ちに待った晴天だったが、前半の悪天候の影響が残り、波と風は残り初心者には難しコンディションとなった。











IMG_3351このようなコンディションに打ってつけなのが、今注目のウィングフォイルで、この夏、皆生ビーチでも話題となるだろう。











IMG_3368ボードの下に水中翼があり、風を受けて走り出すと海面からボードが浮いて自由自在に動き回ることが出来る。












IMG_3352ビーチでは、高校のクラブがフィジカルトレーニングをしており、コロナ禍で最高の練習場だと感じた。












IMG_3344長男と末娘一家の孫たちをカヤックにと思ったが、波が高くビーチ遊びに変更した。












IMG_3389昼になると、サイクリング途中の伊達境港市長がイベント会場を訪れ、ビーチハウス・キラのビーフサンドに食らいつく岩﨑理事長を驚かせた。











IMG_3392伊達市長は境港のウィンドサーフィンの草分け的存在で、サーフィンをしていた私とも旧知の仲である。













IMG_3371会場の海浜公園の公衆便所は新築され、今シーズンからは快適に用を足すことが出来る。













IMG_3378外には要望していたシャワーも整備され、海上がりのケアーが大変便利になった。













IMG_33814日、5日は波と風が収まり、今シーズン初の釣りカヤックを楽しんだ。釣果は坊主だったが、久し振りに波に揺られゆったりとした時を過ごした。











IMG_3404サップ体験の鳥大生グループ。














IMG_3415サップは初めてとのことだったが、若いだけあって覚えも早く、終わり頃には乗りこなしていた。













IMG_34098日は福田副議長と語堂県議がカヤック体験に訪れ、岩崎理事長の指導が良かったのか見る見る上達した。













IMG_3417すっかりカヤックにはまった福田副議長は、インストラクターの公認資格にチャレンジすると満足気に語った。













IMG_3411カヤック体験が終わり、鳥取県のアウトドアツーリズムについて意見交換を行った。













IMG_34209日、「KAIKE SEACOAST PARK 2021」の最終日を迎え、日本財団との連携イベント「海ごみゼロ」チャレンジを行い、GW期間中のファーストステージを無事終了した。




「KAIKE SEACOAST PARK 2021」

IMG_3318GW期間中の29日から5月9日までの11日間、皆生海浜公園で「KAIKE SEACOAST PARK 2021」が開催され、カヤックやサップのツアー・レンタル、飲食ブース他が実施される。










IMG_331929日は生憎の雨模様で、ビーチに並べたカヤック艇やサップボードも雨に打たれて寂しげだった。












IMG_3332ツアー・レンタルの業務は、主催のKRCAの大原専務理事が受け持つが、この日は午前中の伊木市長のカヤック体験が唯一の出番となった。











IMG_3320海浜公園の東屋に設置された飲食ブースは、KRCA理事で朝日町で飲食店「キラポイント」を経営する渡邊氏が運営する。











IMG_3324KRCAの岩﨑代表と共に、渡邉理事の作る「抹茶ミルク黒糖きなこ」と「練乳いちごミルク」を飲みながら、天気の回復とイベントの無事を願った。

米子市の都市公園の更なる利活用を目指すトライアルサウンディング事業のイベントだが、観光振興はもとより今日議論されているワーケーションや2地域居住等の課題に挑戦する事業だと考えている。













「長男一家の初宮参り」

IMG_330825日、長男一家の第2子「俊太郎」の初宮参りを、氏神のただす神社で行った。












IMG_3298令和3年3月3日生まれの男子は、すくすくと成長し、泣くことも無く記念写真に納まってくれた。












IMG_3297弟の撮影中、姉となった幼子は、従妹の世話をして早くもお姉さん振りを発揮した。












IMG_3305長女一家に3人、長男一家に2人、末娘一家に1人と、6人の孫を授かることが出来た。

振り返ると、子供たちの成長の過程と共に過ごした30余年だったと思うが、これからは孫たちの成長を見守りながら、共に過ごす人生が始まっていると感じた。

「春の酉の会」

IMG_329523日の夕刻、開店前の馴染みの店で米子YEG・OB同級生会「酉の会」が開催され、坂口君の4代目平兵衛の襲名を祝った。











IMG_3335窓を開放し、ベランダ越しに夕日に染まった米子城が何とも美しく、ゆったりとした夕暮れの時間を楽しんだ。












IMG_32964月生まれの3人には誕生ケーキが振舞われ、日が落ちて開店時間を迎える頃、久し振りの「酉の会」はお開きとなった。

中年太りも年季が入り、頭も白くなったり薄くなったりしたが、現役の頃から四半世紀続く同級生会の、温かみと重さが増しているような気がした。

「一向平キャンプ場の視察」

IMG_328923日、福田副議長のアテンドで琴浦町の一向平キャンプ場観光地化プロジェクトでリニューアルされ、ワーケーション可能なキャンプ場として整備された施設を視察した。










IMG_3288満開の八重桜の中、キャンプ場に設営された会議テーブルを囲み、地元琴浦町の山口副町長や県交流人口拡大本部の岡本室長、キャンプ場運営会社のスマイルキューブの都築社長他と意見交換を行った。










IMG_3291キャンプ場には、本場フィンランド式の本格サウナも整備され、大山の伏流水を溜めた水風呂が冷たくて心地よく、体験した常田議員や語堂議員も歓声を上げていた。











IMG_3290従来のキャンプ場の概念を超え、県内初の国立公園内のコワーキングスペースとして、単に観光振興の枠に止まらず、新しい働き方を全国発信しようとしている。
プロフィール



野坂道明(のざかみちあき)
昭和32年4月9日生

議員履歴
■鳥取県議会議員(2015-)
■米子市議会議員(2006-2014)
■鳥取県西部広域行政管理組合議会(2010-2014)

学 歴
昭和45年 米子市立加茂小卒
昭和48年 米子市立第4中卒
昭和51年 烏取県立境高卒
昭和56年 帝京大学経済学部卒

経 歴
■元(財)とっとりコンベンションビューロー西部地区企画運営委員会委員長(理事)
■元(社)米子法人会青年部会副部会長
■元米子商工会議所青年部会長
■米子市消防団河崎分団員
■河崎校区自治連合会顧問
■河崎公民館運営委員会顧問
■NPO法人やまつみスポーツクラブ顧問

http://www.michiakinozaka.com
E-MAIL
 mail@michiakinozaka.com
→Facebook

ギャラリー
  • 「長男の第2子の百日祭」
  • 「長男の第2子の百日祭」
  • 「長男の第2子の百日祭」
  • 「長男の第2子の百日祭」
  • 「第66回自民党県連大会」
  • 「第66回自民党県連大会」
  • 「第66回自民党県連大会」
  • 「斐伊川水系治水期成同盟会の総会・意見交換会」
  • 「斐伊川水系治水期成同盟会の総会・意見交換会」
記事検索
アーカイブ