2021年01月

「県議会自民党の政調会」

IMG_305825日、県議会自民党の政務調査会が開催され、29日開催予定の臨時議会へ提案予定の主要事業説明を受けた。









緊急事態宣言が発出され、特に飲食業への影響が深刻となる中、対象の11都府県はもとより全国的な問題となっており、本県においても早急な対応が求められている。

県西部では、年末年始にかけて境港市や米子市の接待を伴う飲食店で相次いでクラスターが発生し、繁華街からは人影が消え静まり返っている。

対象地域の飲食店には時短要請が出され、不十分とは言え一定の協力金が用意されているが、本県のように対象区域外の飲食店は打撃だけ受ける状態となっている。

補正予算ではコロナ対策を条件に応援金の支給事業も提案されているが、残念ながら焼け石に水と言わざるを得ない。

ワクチン接種の関連事業費も提案され、夏のオリパラを前に収束に向かおうとしているが、体力を使い切った飲食店に、もうひと踏ん張りの気力が沸き起こるような支援策があっても良いのではないだろうか。

「閉会中の常任委員会」

IMG_305621日、福祉生活病院常任委員会がかいさいされ、各担当課から閉会中の報告を受けた。









IMG_3057福祉保健部からは年末年始に発生したクラスターの報告があり、委員から質疑や意見が集中した。








県では、社会福祉施設で発生したクラスター事案を重く受け止め、県独自の感染対策ガイドラインを作成するとのことで、中身について確認したところ、厚労省の様々なガイドラインを整理して、より分かり易くするとのことだった。

県独自の対策が打ち出されるのかと思ったが、回答はいたってシンプルのもので、ネット上でも数多の知見や学説が乱れ飛ぶ中、やることはマスクや手指消毒、三密回避等々、誰でも出来ることを徹底することにあった。

また、昨年実施した子どもの権利保障をテーマにした出前県議会の取りまとめ提言について、意見を交わした。

子どもの権利保障と言えば児童虐待がセットで語られる昨今だが、そもそも虐待とは犯罪で権利保障とは別の問題である。

個人の権利保護の中に、弱い者の権利が踏みにじられているだけのことではないのかと率直に感じる。

「県政に要望する会」

IMG_305418日、自民党県連による「令和3年度県政に要望する会」が開催され、政務調査会長として進行を行った。










IMG_3051米子市を代表して挨拶をする伊木市長。

米子駅自由通路整備や米子城史跡公園化、米子港周辺整備や米子市新体育館整備、安倍三柳線等々、動き出した大型公共事業について、重ねての支援を訴えた。







IMG_3052西部総合事務所を代表して挨拶をする吉村所長。

境港高度衛生管理型市場整備や境港市までの高規格道路整備等々、世界に向けて鳥取県を発信する重要な時期にあり、肝となるのはあらゆる分野との連携だと感じる。







IMG_3053急速な高齢化と人口減少にあって、広域行政を担う県の責任は今まで以上に大きく、県市の連携事業の多くが実践される西部地区においては尚更で、鳥取県の元気を取り戻せるか否か、その鍵を握っていると言っても過言ではない。

「年頭のご挨拶」

IMG_3019写真は令和2年11月定例会での一般質問です。
(令和2年12月11日撮影)








新年明けましておめでとうございます。謹んで新春のお喜びを申し上げます。平素は野坂道明の政治活動に格別のご高配を賜り厚くお礼申し上げます。

 

さて、全国の中でも新型コロナウイルス感染者数を抑え込んでいる鳥取県ですが、西部地域で年末年始にかけて境港市の飲食店や米子市の社会福祉施設と相次いでクラスターが発生しました。

1月
6日には西部地区に鳥取県版新型コロナ警報が発令されましたが、19日には米子市朝日町周辺地区の接待を伴う飲食店でクラスターの発生が認定されました。

 

人口10万人当たりの陽性者数等の指標から現状ではステージⅡだと思われますが、残念ながら直近の感染状況を見ますと、ステージⅢに近づく可能性が増していると考えざるを得ません。

 

そのような中、新年の催し等も相次いで中止となり寂しい幕開けとなりましたが、今般の感染拡大を考慮しますと致し方無いと受け止めております。

 

本来であれば、お会いして年始のご挨拶をすべきところですが、本年は自粛としブログにて皆様のご健勝と更なるご活躍を祈念させていただきます。

 

結びに、まだまだコロナ禍の収束は見えませんが、くれぐれも健康にはご留意をいただき、引き続きのご指導ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

「御建とんど祭り」

IMG_304610日、御建自治会の新年行事「とんど焼き」が、久々の銀世界の中で行われた。

7時の時報に合わせ恵方の南南東から火を入れたが、前夜から降り積もった雪のせいで天辺までは昇らなかった。
















IMG_3048今年はコロナ過を考慮して、祭りの飲食は一切中止にしていたが、今季一番の大雪で町内の練り歩きも中止となった。










IMG_3050無病息災を祈願する神事を済ませ、今年の簡略版のとんど祭りは終了した。

新年の恒例行事は殆どが中止され、火の消えたような正月となったが、その分も収束後の反転攻勢の力にしたいと決意した。

プロフィール



野坂道明(のざかみちあき)
昭和32年4月9日生

議員履歴
■鳥取県議会議員(2015-)
■米子市議会議員(2006-2014)
■鳥取県西部広域行政管理組合議会(2010-2014)

学 歴
昭和45年 米子市立加茂小卒
昭和48年 米子市立第4中卒
昭和51年 烏取県立境高卒
昭和56年 帝京大学経済学部卒

経 歴
■元(財)とっとりコンベンションビューロー西部地区企画運営委員会委員長(理事)
■元(社)米子法人会青年部会副部会長
■元米子商工会議所青年部会長
■米子市消防団河崎分団員
■河崎校区自治連合会顧問
■河崎公民館運営委員会顧問
■NPO法人やまつみスポーツクラブ顧問

http://www.michiakinozaka.com
E-MAIL
 mail@michiakinozaka.com
→Facebook

ギャラリー
  • 「島根原発の再稼働を考える」
  • 「令和4年2月定例会の全員協議会」
  • 「9月定例会の一般質問」
  • 「9月定例会の一般質問」
  • 「9月定例会の一般質問」
  • 「9月定例会の一般質問」
  • 「9月定例会の一般質問」
  • 「9月定例会の一般質問」
  • 「9月定例会の一般質問」
記事検索
アーカイブ