2017年09月

「赤沢代議士の就任祝賀会」

2017-09-16-19-06-4516日の夜、自民党住吉支部の主催による赤沢代議士の自民党総務会副会長と、畜産酪農対策委員長就任の祝賀会が開催された。









2017-09-16-19-20-30「なでしこ会」の野坂会長から花束が贈呈され、和やかな雰囲気の中で懇親会が始まった。










2017-09-16-20-35-38山垣支部長や岡本後援会長からは、来る選挙に向けて危機感が述べられたが、翌日には臨時国会冒頭解散のニュースが飛び込み、図らずも時宜を得た祝賀会となった。








来賓挨拶では、伊木市長から米子駅南北自由通路の整備、安田県議からは境港までの高速道路整備等の重要性が述べられたが、個々の課題は別にしても、国土強靭化をライフワークとするならば、日本海国土軸の形成に向けて具体的にビジョンを示す時期にあると感じた。

「米子・香港便の1周年祝賀会」

2017-09-16-17-05-5316日、米子香港国際定期便の就航1周年祝賀会が開催され、関係者の代表が鏡開きを行い、順調な滑り出しを祝った。









2017-09-16-17-10-431年間のインバウンドが約2万人、アウトバウンドが約8000人とのことで、環日本海交流の拠点空港として着々と実績を積み上げている。









定期便を維持して行くためには、リピーターを如何に増やすかが課題となるが、圧倒的な観光資源に乏しい我が県において、中途半端にメニューを揃えるのではなく、他に秀でるオンリーワンは何か、真剣に議論する必要があると感じた。

「平成29年度9月定例会が開会」

2017-06-29-10-19-1714日、9月定例会が開会し、補正予算、条例等13件の議案が上程され知事から提案理由の説明があった。

本会議閉会後、決算審査特別委員会の主査会を開き、審査方法や日程等について協議した。






2017-09-15-12-26-35各所管毎の分科会は、9月22日、27日に開催することで決定し、28年度決算の審査を行うこととした。



















IMG_995915日は、各常任委員会が開かれ、担当の総務教育常任委員会の議案、請願・陳情、報告事項等の審査を行った。









総務部から、県庁税務システムの契約納期の遅延による繰越明許費が説明され、前回指摘した指名停止を含む契約違反業者の取扱いについて報告があり、今回の様な事案に対処する新たな制度を構築するとのことであった。

更に調べてみると、工事契約や物品購入は一定額以上議決案件となるが、システム構築等の調達については高額にもかかわらず対象としていなかった。

自治法施行令自体が今日の高額なシステム調達を想定していなかったので、関係する条例もそのままになっており、この点についても見直すべきと指摘した。

問題が発生しない限り注目されない分野だが、地方創生を成すためには身に付けるべき基礎体力のようなものだと感じた。

「平成29年度、学生議会の打ち合わせ」

2017-09-12-13-46-3312日の午後からは、10月17日に開催される平成29年度学生議会の事前打ち合わせを行った。

私の担当は、鳥取環境大学3年生の大森さんで、若者のIJターンについて採り上げたいとのことだった。







愛媛県出身の大森さんは、地方での暮らしに魅力を感じており、大都会の生活に憧れる友人達の声を聞くたびに、鳥取県の良さが理解されていないと感じていたそうである。

私も彼の友人同様、眠らない大都会東京の眩いばかりのエネルギーは経験しているが、反面、影の如く付きまとう孤独感も知っている。

いまや人口減少社会に突入し、一極集中から分散型社会へ国土も価値観も大きく転換する時期にある。

鳥取県に魅力を感じ、充実した学生生活を送る大森さんの提言に期待したい。

「パブリックブリッジ施行実演会の視察」

2017-09-12-09-01-4312日の午前中、障がい者の自立支援を目的とした「パブリックブリッジ」の施行実演会が、社会福祉法人鳥取県厚生事業団「白兎はまなす園」で開催された。








2017-09-12-10-19-31会場には、県内外の福祉事業者を始め、各行政機関や福祉団体等が集まり、鳥取県新技術・新工法システムにも登録された「パブリックブリッジ」の製作工程を見学した。








2017-09-12-09-06-08初めに、設置されている既存のグレーチングの汚れを落とす作業。










2017-09-12-09-21-03次に、施着前のプライマー処理。











2017-09-12-09-39-30次に、グレーチングの網目に詰める砂利と接着剤を混合させる。



















2017-09-12-09-44-14次に、グレーチングの網目に混合砂利を流し込む。











2017-09-12-10-02-53次に、混合砂利をグレーチングの半分程度の深さまで流し込み、その後小手で押さえ仕上げる。

4~5時間程度で混合砂利が硬化すると作業が完了し、その後、設置場所に戻される。







2017-09-12-10-17-52施行サンプルで透水性を確認したが、ホースの水がそのまま落ちる程良好で、白杖、ハイヒールのかかとの脱落防止やノンスリップに効果を発揮し、景観的にも優れているが、予算確保が大きな課題となる。








2017-09-12-10-32-01向かって左側はメーカー企業の森下社長、右が鳥取県厚生事業団の山本理事長。










山本理事長によると、障がい者の受け取る賃金が換算すると自給1000円程度となり、賃金アップに大きく貢献するとのことだが、現状では施工例が乏しく、今後普及拡大させるためには福祉政策としての政治判断が求められるだろう。
プロフィール



野坂道明(のざかみちあき)
昭和32年4月9日生

議員履歴
■鳥取県議会議員(2015-)
■米子市議会議員(2006-2014)
■鳥取県西部広域行政管理組合議会(2010-2014)

学 歴
昭和45年 米子市立加茂小卒
昭和48年 米子市立第4中卒
昭和51年 烏取県立境高卒
昭和56年 帝京大学経済学部卒

経 歴
■元(財)とっとりコンベンションビューロー西部地区企画運営委員会委員長(理事)
■元(社)米子法人会青年部会副部会長
■元米子商工会議所青年部会長
■米子市消防団河崎分団員
■河崎校区自治連合会顧問
■河崎公民館運営委員会顧問
■NPO法人やまつみスポーツクラブ顧問

http://www.michiakinozaka.com
E-MAIL
 mail@michiakinozaka.com
→Facebook

ギャラリー
  • 「島根原発の再稼働を考える」
  • 「令和4年2月定例会の全員協議会」
  • 「9月定例会の一般質問」
  • 「9月定例会の一般質問」
  • 「9月定例会の一般質問」
  • 「9月定例会の一般質問」
  • 「9月定例会の一般質問」
  • 「9月定例会の一般質問」
  • 「9月定例会の一般質問」
記事検索
アーカイブ