2017年04月

「おたて山の会と御建自衛消防団の総会」

2017-04-22-12-33-3522日、「おたて山の会」で松江市と安来市の境界に聳え、毛利元就が尼子攻めに陣を構えた京羅木山に登った。

473mの山頂に立つと、東に大山を望み、眼下には弓浜半島や島根半島が連なり、中海に浮かぶ大根島から宍道湖、出雲平野を一望できる。





2017-04-22-11-54-17昼食は各自が持参した弁当と、会長が背負って上がった材料で味噌汁を作り、大自然の中、出雲国風土記の世界に浸った。









2017-04-22-11-46-03眼下には尼子勢の本拠だった月山冨田城跡があり、2度に亘る月山冨田城の戦いを偲ばせた。










2017-04-22-11-30-48東には1300年祭を控える秀峰大山が聳え、360°見渡すと出雲国風土記の国引き神話が迫ってくる。










image夕方からは御建自衛消防団の定期総会が開催され、終了後、恒例のBBQで山歩きの疲れを癒した。

この地で生まれ育った人や新しく移り住んだ人が混然一体となり、酌み交わす盃に何時もながら田舎の醍醐味と活力を感じた。






「閉会中の常任委員会」

2017-04-21-10-22-1321日、地域振興県土警察常任委員会が開会され、福田委員長が欠席のため代りに委員長を務めた。










2017-04-21-10-22-31米子市議会時代、最後に務めた予算審査特別委員会の委員長以来で、職務に従い淡々と議事進行を行ったが、委員と違い自由に発言できない立場だけに、何時もより長く感じる委員会であった。








「米子YEGのOB総会」

2017-04-20-18-31-3420日、米子YEGのOB総会が開催され、冒頭、先の米子市長選んで見事当選を果たした伊木新市長が、市政に臨んでの決意を述べた。









2017-04-20-18-31-51米子YEGの現役会員でもある伊木新市長は、卒会までの2年間、可能な限り青年部活動を続けたいと抱負を述べた。









2017-04-20-19-00-27懇親会の冒頭、高島屋の看板が新しくなったことに触れ、伊木新市長への期待を述べる武海会長。










2017-04-20-19-11-37野上29年度会長以下、現役四役の紹介。

市長を現役会員に持つ全国でも稀な単会となり、連携を図りながら米子市を全国に発信して頂きたい。








2017-04-20-20-08-44懇親会の余興ではストラックアウトが行われ、各テーブルの代表が的を目掛けてボールを投げ、商品を奪い合った。









2017-04-21-07-26-21的に使われたのは秘かに準備された私の似顔絵で、司会の指示に従って、「みちあき!」と言ってボールを投げつけていた。

伊木新市長のピコ太郎も登場し、(写真は市政運営上の懸念から控える)現役の時から続く青年団体のノリで懇親会は大いに盛り上がった。














「野坂市長、市役所を去る。」

2017-04-18-21-35-364月23日の任期満了を前に、野坂市長を囲んで選対役員が集まった。

平成11年の惜敗した選挙から18年、この間、淀江町との合併も含め5度の選挙の思い出がスライドショーで映し出され、当時を振り返りながら思い出話に花が咲いた。

後日21日の新聞で野坂市長について、「2度目の挑戦で初当選した。火の車の財政事情を知って驚倒する。行革を断行し、公共投資を絞った。何もしない市長という四方八方からの陰口を腹の底に飲み込んだ。支援者が離れようとも行革を貫き、財政は危機を脱した。」との記事があった。


選挙を戦うものとって支援者が離れることぐらい辛いものは無く、上手の一つも言いたくなるのが常だが、良くも悪くも全く無縁な人だった。

支える私達にとっても、まさに四方八方からの陰口を聞きながらの18年間だったように思うが、5度の選挙を通して野坂市長に優る候補者は無かったと今でも確信している。

記事は、「水を飲むときは、井戸を掘った人の苦労を思え。」と結んでいるが、伊木新市長もこの言葉を深く胸に刻み、新しい米子のビジョンを大きく描いて頂きたい。

「米子市長選を考える。VolⅤ」

「米子市長選を考える。VolⅣ」に対する福住氏からの返信が届いた。

先ず、基金について全部使っても良いとは考えていない。、また、憲法との関係については、現状を固定的に捉えるのではなく変革の立場で捉えるべきで、市民運動で権利の拡大を勝ち取るべきだと思う。この点が野坂さんの考え方との決定的な違いである。

この回答に対し、今議論しているの主義主張の違いでは無く、地方自治体の行政運営についてであり、米子市の財政状況を踏まえ給食無償化の恒常的財源を示して頂きたいと、再々再度の返信を送った。

最後に、この度の福住氏の立候補表明は余りに遅すぎたと付け加えた。
プロフィール



野坂道明(のざかみちあき)
昭和32年4月9日生

議員履歴
■鳥取県議会議員(2015-)
■米子市議会議員(2006-2014)
■鳥取県西部広域行政管理組合議会(2010-2014)

学 歴
昭和45年 米子市立加茂小卒
昭和48年 米子市立第4中卒
昭和51年 烏取県立境高卒
昭和56年 帝京大学経済学部卒

経 歴
■元(財)とっとりコンベンションビューロー西部地区企画運営委員会委員長(理事)
■元(社)米子法人会青年部会副部会長
■元米子商工会議所青年部会長
■米子市消防団河崎分団員
■河崎校区自治連合会顧問
■河崎公民館運営委員会顧問
■NPO法人やまつみスポーツクラブ顧問

http://www.michiakinozaka.com
E-MAIL
 mail@michiakinozaka.com
→Facebook

ギャラリー
  • 「島根原発の再稼働を考える」
  • 「令和4年2月定例会の全員協議会」
  • 「9月定例会の一般質問」
  • 「9月定例会の一般質問」
  • 「9月定例会の一般質問」
  • 「9月定例会の一般質問」
  • 「9月定例会の一般質問」
  • 「9月定例会の一般質問」
  • 「9月定例会の一般質問」
記事検索
アーカイブ