2017年01月

「自民党鳥取県連の支部長・幹事長会」

2017-01-22-10-03-0122日、自民党鳥取県連の西部地区支部長・幹事長会が開催された。

幹事長が病欠のため、主催者挨拶に立つ斉木県連副会長。

続いて、赤沢衆議院議員と舞立参議院議員が来賓挨拶を行い、その後、本日の議題の「憲法改正を考える県民大会」について協議した。



2017-01-24-10-50-47幹事長が病欠のため、急遽、司会進行を行ったが、議事進行について打ち合わせ不足は否めず、常々感じるところだが、組織的対応のあり方を見直す時期ではないだろうか。









2017-01-22-10-03-05支部長からは、鳥取県連の公認推薦の手続きに関し、各支部長の意見を聞く場を設けるべきとの意見があったが、その他、特に異論もなく閉会した。









2017-01-22-11-23-03閉会後、引き続き鳥取県第二選挙区支部の支部長・幹事長会が開催され、赤沢衆議院議員、舞立参議院議員の応援演説の後、先に推薦を決めた伊木たかし氏が挨拶に立ち、米子市政に懸ける思いを語った。
















2017-01-24-10-50-40会の最後に、松田青年局次長のガンバロウコールで伊木氏の必勝を祈念して終了した。










「米子市消防団河崎分団の新年会」

2017-01-21-21-15-1521日、米子市消防団河崎分団の新年会が開催された。

元河崎分団長で現米子市消防団副団長と、鳥取県西部消防局の職員2名が今年度末で勇退及び定年退職となり、それぞれの新たなスタートを祝った。

自然災害が頻発する中、東京オリ・パラ大会のテロ対策等、彼等のスキルや知見を消失させるべきではないと感じた。

「鳥取県建築士会西部支部の新年会」

2017-01-20-18-01-2520日、鳥取県建築士会西部支部の新年会が開催され、冒頭、堀尾支部長が西部支部の歴史に触れ、研究部会と同好会を復活させ、今後の更なる発展に繋げたいたいと抱負を述べた。

















2017-01-20-18-13-26来賓挨拶に立った中山西部総合事務所長は、鳥取県中部地震の際の応急危険度判定等、建築士会の貢献に感謝の言葉を述べた。


















2017-01-20-18-17-44続いて挨拶に立った尾沢米子市議会議長は、時節柄、トランプ張りの演説が聴かれると期待したが、用意された原稿を読み上げるものだった。


















2017-01-20-18-26-45次に、堀尾実行委員長から本年6月に米子市で開催される、青年・女性建築士中四国ブロック大会の報告があった。









2017-01-20-19-25-23懇親会では中山の軽妙で洒脱な進行の下、ビンゴゲームが行われ、私は珍しく12等の文房具セットが当たった。









2017-01-20-19-58-46足立顧問の中締めで、和やかな内に新年会が終了した。



















2017-01-20-19-59-35隣の部屋では、米子市の管理職員の新年会が開催されており、掛け持ちする担当課長の姿もあったが、市長以下幹部職員の何れかの出席があっても良かったのではと感じた。

大災害が頻発する時代にあって、安心安全の観点からも建築士を含め建設業の役割は大きく、行政との連携は今迄以上に増しており、不祥事がトラウマになってはならないと感じた。



「常任委員会と自民党新年会」

2017-01-19-08-53-5619日、地域振興県土警察常任委員会が開催され、警察本部、危機管理局、地域振興部、観光交流局、西部総合事務所から報告があった。









2017-01-19-10-20-52西部総合事務所からは、13日に実施した大山王国に対するNPO法に基づく検査・指導の報告があった。

一連の不適切事務に対し、真相究明と信頼回復を求める意見や、反対に擁護する意見があったが、私からは、今迄の委託事業について、事業効果の検証をすべきとの意見を申し添えた。




2017-01-19-19-06-20夜は毎年恒例の自民党新年会が開催され、平井知事や幹部職員の皆さんと、新年初の盃を交わしながら、29年度の情勢について幅広く意見交換を行った。









「国交省中国地方整備局への要望活動」

2017-01-18-13-30-1418日、地域振興県土警察常任委員会で、国交省中国地方整備局への要望活動を行った。

個別要望に先立ち、「国の施策等に関する提案・要望書」を中国地整局の坂本河川保全管理官に手渡した。









2017-01-18-13-41-15中国地整局からは、坂本管理官に加え望月道路調査官、企画部の藤原広域企画課長、港湾空港部の宮田港湾空港企画官の4名が対応した。











2017-01-18-13-41-45福田委員長の挨拶後、前田議員が社会資本整備総合交付金と防災安全交付金の重点配分と道路事業について説明し、私は港湾事業と治水事業について説明した。

要望活動を終えると、明日の常任委員会に備え、スーパーはくとで鳥取へ向かったが、同じ振り子車両でも最新鋭の自動制御とあって、伯備線との違いを実感しながら智頭の雪景色を眺めた。



プロフィール



野坂道明(のざかみちあき)
昭和32年4月9日生

議員履歴
■鳥取県議会議員(2015-)
■米子市議会議員(2006-2014)
■鳥取県西部広域行政管理組合議会(2010-2014)

学 歴
昭和45年 米子市立加茂小卒
昭和48年 米子市立第4中卒
昭和51年 烏取県立境高卒
昭和56年 帝京大学経済学部卒

経 歴
■元(財)とっとりコンベンションビューロー西部地区企画運営委員会委員長(理事)
■元(社)米子法人会青年部会副部会長
■元米子商工会議所青年部会長
■米子市消防団河崎分団員
■河崎校区自治連合会顧問
■河崎公民館運営委員会顧問
■NPO法人やまつみスポーツクラブ顧問

http://www.michiakinozaka.com
E-MAIL
 mail@michiakinozaka.com
→Facebook

ギャラリー
  • 「島根原発の再稼働を考える」
  • 「令和4年2月定例会の全員協議会」
  • 「9月定例会の一般質問」
  • 「9月定例会の一般質問」
  • 「9月定例会の一般質問」
  • 「9月定例会の一般質問」
  • 「9月定例会の一般質問」
  • 「9月定例会の一般質問」
  • 「9月定例会の一般質問」
記事検索
アーカイブ