2013年12月

「議員定数・議会改革等調査特別委員会」

18日委員会が開かれ、陳情の審査、議会基本条例、倫理条例等を審査及び議論した。

 

初めに、従来通りの陳情の取り扱いを求める陳情について、現在、米子市議会では、全ての陳情を議題とし採決しているが、今後、議題とする場合は、議員提案とし、それ以外は配布に止めるとするものである。

 

共産党を中心に強硬に反対してきたが、既に議論は尽くしており、当然の事ながら不採択となった。

 

次に、議会基本条例案に対する意見の取り扱いについてだが、反問権について、共産党が執拗に反対し、中には大幅な見直しを求める意見もあったが、法制の手続きを経て文言調整程度に止めると決定した。

 

次に、倫理条例について、細々と禁止条項が盛り込まれた委員長案と、理念的なよなご会議の修正案が示され、珍しくよなご会議案が良いと思ったのだが、自分たちの案の説明が付かず引っ込めてしまった。

 

結局、委員長案で協議する事となり、法的に問題があると思われる禁止条項を削除し取りまとめが完了したが、よなご会議の委員から「委員会の決定と本会議は別」との発言があり再度紛糾した。

 

委員会軽視も甚だしい発言だが、寄り合い所帯の実態を如実に表わしており、会派と言うより、何一つ政治理念を共有しない烏合の衆と言ったところか。

 

「建設水道委員会」

17日委員会が開かれ、4件の議案を審査し、いずれも全会一致で可決した。 報告事項では、水道局から地方公営企業会計の会計基準の見直しが報告された。

 

地方公営企業会計の独自の会計処理を企業会計基準に見直し、民間企業も含め相互の比較分析を容易にするもので、今後の事業計画にも大きなインパクトを与えると思われる。

 

以上の観点からその意義を市長、水道局長等に尋ねたが、会計基準の手続き論程度の認識で、下水道事業等は勿論の事だが、今後の公営企業や自治体運営のあり方について、情報不足と認識の欠如を感じた。

 

次に、下水道、建設部の繰越事業について、全国的にも入札不調が頻発する中、入札不調による案件が複数あり、問題の認識と対策について質した。

 

当局においても現状は認識しており、建設単価の見直しと工期延長等を提案したところ、可能な限り対応したいとの答弁であった。

 

「経済教育委員会」

16日委員会が開かれ、議案、陳情等の審査を行った。 議案審査では公会堂の使用料改正の条例について、特に、食堂施設の使用料の設定に関して質疑があった。

 

自治法の改正に伴い、行政財産に関して従来の使用許可から貸付制度へ見直しが図られているが、建物は前面リニューアルされても条例等の制度は旧態依然である。

 

米子市のランドマーク、中心市街地の賑わいの拠点と位置付けられた公会堂の飲食スペース50㎡が、月/36450円の賃借料で、周辺の賃貸条件と大きな開きがある。

 

行政財産の使用条例の見直しに関して、今後の課題との答弁であったが、使用条例では賃貸に関して単年度契約となっており、内装・設備を負担する事業者に対し、契約条件としても矛盾している。

 

既に業者選定も終わり個別協議に入っているとのことだが、様々な問題もある中、以前からの指摘にも耳を傾けず、先送りする姿勢は如何なものかと感じた。

 

次に、小中学校のエアコン設置の陳情について、市内の全教室に設置した場合、約20億円必要との事で、特に必要が認められる場合に限り、設置を検討するとの答弁であった。

 

共産党委員から、生徒の安心安全の観点から賛成の意見が述べられ、採決の結果、不採択となはなったが、大垣住宅の建て替えも合わせ、一度、財源について考え方を聞いてみたいものだ。

 

「市民福祉委員会」

13日の午後から委員会が開かれ、議案と陳情の審査をしたが、特に、淀江の産業廃棄物最終処分場の建設反対の陳情については、関係者も傍聴する中、賛否の意見が述べられ、採決の結果、不採択となった。

 

陳情では、条例で定める500メートル以内の地元同意を、全市民に拡大する事を求めており、法令順守の議会にあって審査以前の問題なのだが、呆れるのは共産党議員が何のためらいも無く、大声で同じ主張をする事である。

 

「中海問題等調査特別委員会」

13日の午前中委員会が開かれ、第4回中海会議の報告がされたが、意見と言えば毎回同じの堤防開削で、原発反対と同様、呪文の様に繰り返している。

 

特別委員会設置の際、所詮、中海会議の報告を聞く程度で必要ないと主張したが、全くその通りの状況で、強行に設置を主張した議員たちは、忘れてしまったのか臆面も無く座っている。

 

プロフィール



野坂道明(のざかみちあき)
昭和32年4月9日生

議員履歴
■鳥取県議会議員(2015-)
■米子市議会議員(2006-2014)
■鳥取県西部広域行政管理組合議会(2010-2014)

学 歴
昭和45年 米子市立加茂小卒
昭和48年 米子市立第4中卒
昭和51年 烏取県立境高卒
昭和56年 帝京大学経済学部卒

経 歴
■元(財)とっとりコンベンションビューロー西部地区企画運営委員会委員長(理事)
■元(社)米子法人会青年部会副部会長
■元米子商工会議所青年部会長
■米子市消防団河崎分団員
■河崎校区自治連合会顧問
■河崎公民館運営委員会顧問
■NPO法人やまつみスポーツクラブ顧問

http://www.michiakinozaka.com
E-MAIL
 mail@michiakinozaka.com
→Facebook

ギャラリー
  • 「島根原発の再稼働を考える」
  • 「令和4年2月定例会の全員協議会」
  • 「9月定例会の一般質問」
  • 「9月定例会の一般質問」
  • 「9月定例会の一般質問」
  • 「9月定例会の一般質問」
  • 「9月定例会の一般質問」
  • 「9月定例会の一般質問」
  • 「9月定例会の一般質問」
記事検索
アーカイブ